<   2008年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 

菊まつり

お天気が良かったので、午後から『菊まつり』を開催している公園へ行ってきました。
歩かないと足が益々弱くなるから、運動も兼ねてです。
でも、杖と車椅子と両方を用意していたので、車から降りて、数歩歩くともう「乗せて。」
「まだ全然歩いていないじゃない。ダメ!」鬼嫁はそんなに甘くありません。(^w^) ぶぶぶ・・・
何とかベンチのあるところまで歩いてもらいましたが、100メートルあるかどうかです。

菊はまだほとんど蕾で大したことはなかったけど、後は、車椅子に乗ってもらって公園内を散歩したので、ご機嫌です。
小さな公園ですが、木々の間をきれいな小川が流れているので、おばあちゃんは「こんなところで、デートしたらいいねぇ。」
「おばあちゃん、さっきからそればっかりだねぇ。」と言うと、「だって、私の頃はそんなこと出来なかったから、夢だもの。」だって。(⌒▽⌒)アハハ!
[PR]

by mosuke_f | 2008-10-30 21:54  

緊張

ディサービスから帰ってきたおばあちゃんを迎えに出ると、「あぁよかった。ここへ帰ってきたのね。」
「家に帰ると言ってくれないし、どこへ連れて行かれるんだろうと涙が出そうだったわ。」と言います。
ディサービスにはもう2年も通っていますが、火曜日に行くようになったのは10月からなので、利用者の顔ぶれが違って、知らない人ばかりで緊張してしまったようです。(+_+)
ディサービスの場所は車で10分ほどのところですが、もしかしたら、誰かを送って行って遠回りしていたのかも知れませんが、知らないところをグルグル回って、胸が苦しくなるほどだったそうです。

こんなに緊張するとは、困ったなぁ。
おばあちゃんには気の毒だけど、顔を覚えるまで我慢してもらうより仕方ないですね。(>.<)
[PR]

by mosuke_f | 2008-10-28 22:40  

ディサービスの効用

主人が名古屋へ行ったので、赤福を買ってきてくれました。
ディサービスから帰ってきたおばあちゃんに出すと、「おいしい、おいしい。私は幸せ者だ。」
おばあちゃんは何でもおいしそうにとても喜んで食べてくれます。
こんな時は、穏やかな時間が流れます。
ディサービスって、余計なことを考える時間を無くしてくれて本当にありがたいですねぇ。o(*^▽^*)o~♪
[PR]

by mosuke_f | 2008-10-27 23:59  

うんざり

朝から、「ここは誰の家?」だとか、「申し訳ないから帰る」とかそんなことばっかり。
何が何だかさっぱりわからないと言います。
自分がどこにいるのか、どうなっているのかわからないというのは、ものすごく不安だろうと解ってはいるけど、うんざり。
説明してわかってもらっても、1時間も経てば又元の木阿弥で、今日は何度同じことを繰り返したでしょう。
それも、私にしか言わない。
主人が居ると決して言わないのです。

イライラするので自分の部屋に入ってこれを書いていますが、トイレの帰りに覗きにきています。
雨が降ってただでさえ鬱陶しいのに「いい加減にして!」と叫びたい気分よ。(ー_ー)!!

やはりショートスティに行くと混乱するのかなぁ。
でも、行ってくれないとこちらのストレスがたまる一方だし。(>_<)
[PR]

by mosuke_f | 2008-10-26 15:35  

おばあちゃん帰宅

おばあちゃんがショートスティから帰ってきました。
家に入ったとたんに、「今、どこへ行ってたんだろう。」(>.<)
その時から、平凡な我が家が3次元の世界から、4次元の世界へと変化していくのであります。(*^m^*) ムフッ

中央アルプスの山々を見せてくれるテレビ番組をみていたおばあちゃんが、転寝をしてしまいました。
目を覚ますと「私は明日帰るの?」
「どこへ?」
「田舎へ」
「おばあちゃんはもうお引越しをしてきて2年以上経つんだよ。」
「ここはどこ?」
「Kよ。」
「もう山から下りてきたの?」
テレビを見ているうちに、自分が行ったつもりになっていたようです。(*'ー'*)ふふっ♪
[PR]

by mosuke_f | 2008-10-24 22:21  

充実

午前中、人間ドックに行って、午後からは良いお天気なので、公園へ写真を撮りに行きました。
どうして、おばあちゃんが居ないだけで、こんなに時間にゆとりがあるのだろう。('_'?)...ン?
自分のことは、一応自分で出来るのに、いつも時間に追われている感じ。
一日に二つのことをするなんてとても無理。

気が重かった人間ドックも快適と言っていいほどでしたし、
今日は充実した気分の良い一日でした。\(^▽^)/
[PR]

by mosuke_f | 2008-10-20 22:48  

(´▽`) ホッ

ショートスティに行くことを忘れてしまったのかと思いましたが、覚えていていつになく今朝は早く起きました。
やはり緊張していたのでしょうね。
行きたくないけど、仕方がないと言いつつ出掛けたのですが・・・

今回は私が送って行ったのですが、駐車場に車を停めていると、通りがかった職員の人が「あらFさん、いらっしゃい。」と声をかけてくださいました。
それを聞いたおばあちゃんは「え?私のことを知ってるの?」
「知ってますよぉ!」
この一言で、すっかり気が楽になったようで、ニコニコ顔。(⌒∇⌒)
玄関を入ると又、受付にみえた方が出て見えて、「Fさん、おはようございます。」
「えぇ?おたくも知ってるの?」d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ

そこで、「おばあちゃん私はこれで帰るわね。」と言いましたが、もう、私など、どうでもいいようでした。プププッ (*^m^)o==3
[PR]

by mosuke_f | 2008-10-18 00:19  

ショートスティ前日

明日からショートスティです。
ディサービスから送ってきてくれた人は一番のお気に入りの男の子だったので、上機嫌。
こんなに楽しそうにしているのに、明日からお泊りだと言わなければいけないと思うと、ちょっと胸が痛みます。(>.<)

でも、前回は当日に話したら失敗だったので、お茶を飲んで落ち着いたところで話しました。
ショートにはすでに何回か行っていますが、全く覚えていないとのこと。
案の定『誰が行くんだろう。』『何人くらいなんだろう。』と心配で落ち着かない様子。
そこで、持っていくお菓子を見せたら「こんなに沢山?」とまるで子供が遠足に行くように楽しくなってきたみたい。(^ー^* )フフ♪

今はもう忘れてしまったのか、よく寝ていますし、トイレに起きてきても何も言いません。(´▽`) ホッ
[PR]

by mosuke_f | 2008-10-17 22:54  

お手伝い

申し訳ないから、お手伝いをする、お手伝いをする言ってくれますが、一人でしたほうがずっと楽です。
自分はまだ何でも出来ると思っているから、よけい始末が悪いです。(>o<")
そして、当然のことながら、食事の用意など、忙しい時に何度も言いに来るので、「大人しく自分の部屋でテレビでも見てて!」と言いたいところですが、言えないので余計イライラするのです。(T▽T)アハハ!

全く子供と同じですが、子供なら段々上手になるし、教育だと思って我慢しますけどね。(ーー;)
[PR]

by mosuke_f | 2008-10-16 23:21  

知人?

主人の家族は昔、隣の町の社宅に住んでいました。
転勤で、何度か引越しをしましたが、おばあちゃんは隣町に住んでいた頃が一番懐かしいようです。
いつも行くスーパーはその隣町にあるので、おばあちゃんは誰かに会えるのではないかと期待しています。

そのスーパーへ今日も二人でお買い物に行き、エレベーターに乗ったら「Fさん、こんにちは。誰だかわかります?」と若い女の子が声をかけてくださいました。
おばあちゃんは「え?会社の人?」
おじいちゃんが勤めていたのは、40年以上も前なので、20代の若い人がおばあちゃんを知っているわけがないのだけど、その辺の時間の経過がわからなくなっていますねぇ。(+_+)

当然ディサービスの職員の方でした。
[PR]

by mosuke_f | 2008-10-12 22:58