<   2008年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

会話

母親が自分の子供を殺したとうニュースを見て、
「こんな可愛い子をどうして殺せるんだろうねぇ。」
「子供に障害があるし、自分も病気で悩んでいたらしいよ。」
「それで悪いことをしたの?何をしたの?」(>_<")
何の話をしているのか、もう忘れてしまったようです。
全く話が噛み合いません。(ノ_-;)ハア…
[PR]

by mosuke_f | 2008-09-23 11:50  

留守番?

おばあちゃんの昼食の用意をし、お出かけの挨拶をしようと部屋の前まで行くと、『冷たい!』トイレから、点々と部屋まで続いているお水?を踏んでしまったのです。(>_<)
濡れているところを拭いて、足を洗い、靴下を履き替える。
改めて、「おばあちゃん、行ってきます。」と言うと、
「行ってらっしゃい。丁度私が居るから留守番が居てよかったね。」
「・ ・ ・ ・ ・ 」

帰ってくると、荷物の不在通知が入り、雨が降っていても、洗濯物が干してあることさえ忘れていました。(T▽T)アハハ!
[PR]

by mosuke_f | 2008-09-20 11:45  

おばあちゃん同士

おばあちゃんを美容院へ迎えに行って帰ってくると、近所のお年寄りが丁度外に出ていらっしゃったので、おばあちゃんはわざわざ車庫から出て行ってご挨拶。
道の真ん中でおばあちゃん二人+私の3人でおしゃべり。(*^m^*) ムフッ
おばあちゃんより2歳若いだけのこの人は、腰や大たい骨など、3回ほど骨折していて、足には鉄の棒(?)が2本も入っているそうです。
その都度歩く練習をして、今でもシルバーカーを押して、お買い物にも近くの接骨院にも一人で行かれ、食べ物の好みが若い人とは違うからと自分の食べるものは自分で用意されるそうです。(◎-◎)

久しぶりに出会って、喜んで話していましたが、そんなしっかりした人なので、「歩かないとダメだよ。今度、公園へ歩きに行く時には誘うから。」と言われて、家のおばあちゃんは俄然トーンダウン。
そそくさと家に帰ってきました。(T▽T)アハハ!
[PR]

by mosuke_f | 2008-09-18 22:34  

息子はいずこ?

朝食のとき、「MT(主人)は大阪に居るの?」
主人と息子は一文字違いなので、よく間違えるから、息子のことだろうと思ったのですが、そうではありませんでした。
主人と義姉が結婚しているのかと言ったり、家の二階に居るのは、MTではない私の夫か、私の兄かと聞いたり、と滅茶苦茶です。(>_<")

そして、夜にも「MTはどこに居るの?」とか「他の息子はどこに居るの?」とか。
主人には男兄弟は居ないのですけどね。(-m-)ぷぷっ
夕食だけはいつも主人と一緒に食べるのに、どうも存在感が薄いらしく、
「息子には会ったことが無い。」と言います。

申し訳ない、申し訳ないと嫌味なくらい遠慮するのも、自分の子供の家ではなく、他人の私の家に居ると思っているからなんでしょうね。(ーー;)
[PR]

by mosuke_f | 2008-09-17 22:31  

敬老会

12日に敬老会の案内のハガキを見たおばあちゃんが「14日に敬老会があるんだって。だけど、行きたくないわ。」と言うので、友達も居ないし、ひ孫も来ているから、家に居たほうが楽しいだろうと、あえて勧めはしませんでした。
ところが今日になって、またそのハガキを見たようで、「今日は何日?」
「16日だよ。」
「え?じゃ敬老会が終わってしまったわ。」
その後は、「この辺からは誰が行ったんだろう。」とか
「歩けないから行かないと言っておいてくれた?」とか
私が出かけようとすると、「敬老会に行くの?」

そんなに行きたかったのなら、素直に「行ってみようかなぁ。」って言ってくれれば連れて行ってあげたのに。(ーー;)
[PR]

by mosuke_f | 2008-09-16 23:40  

遠慮

孫を連れてきてくれるというので、おばあちゃんが喜ぶだろうと話たら、もちろん喜んではくれましたが、「丁度私が来ていて悪かったねぇ。」
「どこか、行くところがあったらいいのに。」
「一番いい部屋に居ては申し訳ないから、あんたのベッドの下にでも寝かせて。」
息子達は奥の部屋の方が落ち着いていいのだから。おばあちゃんが居ても、居なくても奥の部屋で寝るからと何度言っても、朝からこれの繰り返し。
挙句の果ては「廊下の隅でもいいから。」
ただでさえ忙しいのに、イライラ!(´ー`)(ー`)(` )(  )( #`)(#`皿)(#`皿´)/ ムカァー!!

とうとう、「いい加減にして!しつこいよ。」と怒鳴ってしまいました。
遠慮も度が過ぎると嫌味です。
という訳で、リフレッシュ効果もはやばやと効き目をなくしてしまいました。(+_+)
[PR]

by mosuke_f | 2008-09-13 23:00  

おばあちゃん帰宅

夕方、一週間ふりにおしっこの匂いと共に、おばあちゃんが帰ってきました。
あまりにひどいので、一番にお風呂に入ってもらいました。(>.<)

その後は、夕食の用意をしている台所に来て、床の上に寝転び
「出てくる時、家の鍵をかけてきたかなぁ。」
「皆に挨拶して来るのを忘れてしまった。」
と、田舎へ行っていたと思っています。
あまり心配するので、田舎から来たのではなく、ホテル(ショートのこと)から、帰ってきたのだから、鍵の心配はしなくても良いということや、ここがどこかということを相変わらず、何度も繰り返しました。
しかし、リフレッシしておいたお陰で、とりあえず今日は、イライラすることもなく、何度も優しく答えることが出来ました。o(*^▽^*)oあはっ♪
[PR]

by mosuke_f | 2008-09-11 22:32  

心の平安

若いネッ友と三日間東京で遊んできました。
非日常の中に身をおき、食べて、歩いて、笑ってきたら、すっかりストレスが解消されました。

おばあちゃんとは以前から、いわゆる嫁姑の確執はなかったのですが、このところ、おばあちゃんのすること全てがイライラの元になってきていました。
自分でも、眉間にシワが寄るのが解るくらい。(>.<)

それが、旅行に行ったことで、そして、まだおばあちゃんがショートなので、家に帰ってきても、思わず顔がほころんでくるような、心の平安が戻ってきました。
身も心も軽くなった感じです。
やはり時折は、自分の心を開放してやらないといけないようです。o(*^▽^*)o~♪
[PR]

by mosuke_f | 2008-09-09 22:21  

ショートスティ

明日から旅行に行くので、ショートスティに行ってもらいました。
今回は頑張ってお口にチャックして、ショートに行くことは今朝まで黙っていました。
でも、今朝話すと、聞いていなかったとお冠。
聞いても忘れてしまうけど、聞いたということは思い出せるから、やはり前日の夜には言っておいたほうがいいかも。

相変わらず、市が決めることだと思っているようで、「家の人に楽をさせようと思って。」と憤慨し、「私が居ない間、楽をして頂戴!」と嫌味を言って出かけていきました。(T▽T)アハハ!
いつも、「あんたにばかりお世話になって申し訳ないねぇ。どうしたらいいんだろう。」と言ってるのは、口先だけ?(ーー;)
[PR]

by mosuke_f | 2008-09-04 22:42  

寝ぼけならぬ起きぼけ?

朝、おばあちゃんは黙々といつまでも食事をしていて、お薬を出すとそれも食べ物と一緒に口に入れて噛んでしまいましたが、「古いお薬が〇#★Х※」
「え?なぁに?」
「古いのが・・・いや、別にいいんだけどね。」
「何の話?」
「???何を言おうとしてたんだろう。」
寝ぼけているときと全く同じです。
食べながら頭は寝ていたのでしょうか?(>.<)
[PR]

by mosuke_f | 2008-09-02 21:35