<   2008年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

老人ホーム

夕食の用意をしていると台所に来て色々話をしているうちに、「〇子さん(自分の姉)は老人ホームに入っているんだねぇ。」
「そうだよ。」
「あそのこの長女はしっかりしてるから、何でもちゃっちゃと決めてええなぁ。お金も沢山持ってるんだねぇ。」
これには、ムカッときました。
「おばあちゃんも入りたいの?入りたいのならお父さんがちゃっちゃと決めてくれるよ。ここに居るほうがいいだろうと思うから何もしないだけだから。」
「そりゃ、わかってるけど・・・」
そそくさと自分の部屋に戻っていきました。
言わいでものことを言ってると自分でも解っているけど、我慢できない。(-_-メ)

自分では決心がつかないから、無理やりにでも入れてくれたら気が楽だと思っているのでしょうか。
自分の息子なのに、「お父さんは私がここに居るから怒っていない?」とも聞きますし、もっとのんびりと自然体で居られないのかなぁ。
老人ホームに入ったほうがいいのか又迷います。(ーー;)
[PR]

by mosuke_f | 2008-02-29 12:37  

寝起き

おばあちゃんがトイレに起きたので、「今日はディの日だから、もう起きてね。」と言うと、「とても行けない。もう死にそうだわ。早く死にたい。」と又布団をかぶって寝てしまいました。
起きたら元気になることは解っていますが、迎えの車の都合上8時半までに連絡しないといけないので、欠席すると電話をしておきました。
しかし、9時になると起きてきて、「大丈夫だわ。行くわ。」(ノ_-;)ハア…
10時に送っていきました。
目が覚めると色々なことを考えたり、寝ている間に別の世界に行ったりしてしまうようです。

それから『家に帰る』というのを、諦めた件ですが、その後、『帰る』とは言わなくなりました。
「帰らなければいけないんだけど、とても一人では暮らせないから。」と言うようになりました。
一人では暮らせないということだけは解ったようで、こちらのストレスも大分解消されました。(^^)
[PR]

by mosuke_f | 2008-02-22 11:18  

諦めたかな?

その後も、毎日家に帰ると言い、最近では家に帰るから片付けなくてはと引き出しの中の整理をしてました。
私もうんざりして引きとめもせず、そのことに関しては黙っていました。
すると、夕食の用意をしていると「話があるのだけど。」
「もう、一人で暮らすのは怖いから、ここへ置いてもらえる?」
やっと解ってくれたようです。\(o⌒∇⌒o)/

しかし、明日になったらどうかなぁ。(¬、¬) アヤシイ
[PR]

by mosuke_f | 2008-02-18 21:50  

お嫁さん

今日はゴルフに行ってきました。
まだおばあちゃんが起きて来ないうちに家を出たで、昨日言ってはおきましたが、テーブルの上に「ゴルフに行ってきます。」と大きく書いた紙を置いておきました。
そのお陰が、ちゃんと覚えていてくれて、「お帰り。ゴルフに行ってきたの?」と言ってくれました。
ここまではよかったのですが、「ここのお嫁さんは?」と聞きます。
「私だけど。」
「アハハそれは分かってる。もう一人のお嫁さんは?」
「〇〇(娘)のこと?」
「いいや、違う。」
「お父さんのお嫁さんは私だけだけど。二人も居たら困るけど。」(⌒▽⌒)アハハ!
「頭がこんがらがってきたわ。誰だったかなぁ。すぐに名前を忘れてしまう。」

よく聞いてみると、おばあちゃんの実家の跡取り息子のお嫁さんでした。
帰って来た時に、誰かと電話をしてましたが、田舎の話をしてましたから、ごっちゃになってしまったのでしょうねぇ。
[PR]

by mosuke_f | 2008-02-17 21:42  

リモコン

朝起きてきて「テレビが消えない。」と言う。
今までもテレビが点かないということはよくあり、違うボタンを押していたり、エアコンのリモコンを使っていたりと色々な事をしてくれていたので、又何か違うところを押しているのだろうと
「一度消してみて。」
と言うと、「今まではいつもここで消えたのに」と言いながら、コタツ板の隅を押しています。
そこには何もありません。
(・_・o)ン? (o・_・)ン? (o・_・o)ン?

テレビのリモコンを取り、「おばあちゃんこれでしょう。」
「あぁ、そうか。私もほうけたねぇ。」
リモコンを見ても、どこを押したらいいのか分かりませんでした。(>o<")
[PR]

by mosuke_f | 2008-02-16 10:38  

しごき?

最近、おばあちゃんは足が弱ってきているので、お天気がよかったから、市役所まで運動がてら歩いて行こうとしました。
全部は歩けないので、車椅子を押して歩き、疲れたら座るのです。
家を出たところで近所の人に会い、おしゃべりしている間は元気だったのですが、歩き出すと「90にもなって、しんどい。」「歩けなくてあたりまえだ。」とブツブツうるさいこと。
すぐに車椅子に座ってしまったのですが、「おばあさんはもうこの歳には、寝たきりだった。」
「そうなったら、一番辛いのは自分でしょ。だから、歩かなきゃ。」
「私はそうはならない。」「あんたもこの歳になればどんなにしんどいかわかるわ。」

女学生の頃は運動の選手だったから、こんなになるとは思わなかったといつも言うけど、続けていなければ、急速に体力は落ちます!
昔から、歩くのがきらいで、自転車ばかり。
自分に甘すぎます。(-_-メ)
[PR]

by mosuke_f | 2008-02-07 22:57