<   2006年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

6月30日(金)

昨日、小鮎の甘露煮が届いているはずなのに、電話がありません。
義母は自分が荷物を送ったときに、一日でもお礼の電話が遅くなると、心配して電話をかけてくるくらいの人なので、自分もいつもきちんと電話をしてくれます。
どうしたのだろうと心配していましたが、近くに住むおばさんにも差し上げてくれるように言っておいたので、そのおばさんからお礼の電話が入りました。
少なくとも、おばさんとは会った訳だから大丈夫。C=(^◇^ ; ホッ!

義父が亡くなった時に、義母一人では家の管理ができないので、人を頼む費用として、兄弟3人でそれぞれ一年に10万づつ仕送りすることにしてあります。
それにお小遣いを足して、振り込んだので、その旨を電話しました。
夜の8時半過ぎでしたが、「今、送ってもらった佃煮でご飯を食べているところ。食べ終わったら電話をしようと思っていたのに、ごめんね。ありがとう。」と。
直接送ると必ずその日に電話をくれますが、頼んで送ってもらったので、いつ着くのかこちらではわからないと思っていたようです。
ところが全部連絡が入っていて、知っているんですねぇ。(⌒▽⌒)アハハ!

そして、草取り代を振り込んだことを話すと、「ごめんねぇ。義妹は最初から、義姉も最近では送ってくれなくなってしまった。きちんと送ってくれるのはあんたのとこだけだよ。」と。
「なぬ!」(-_-#)
人は人、私は私。義母の為に決めたことはきちんと守らなくてはね。(^_^)

本日の通話時間 40分
[PR]

by mosuke_f | 2006-06-30 23:05  

6月26日(月)

昨日、義母に電話をした時に、もう一度お米のお礼を言い、「あの日に娘が来て、丁度お米が一粒もなかったんだった。よかったぁって喜んで持って帰ったわ。」と話したら、なんと又今日送ってくれました。
電話を切った後で、すぐにお米やさんに電話をしてくれたのですねぇ。
何だか催促してしまったみたい。``r(^^;)ポリポリ

山草展が終わったけど、作品を出すと皆に迷惑ばかりかけて何もお手伝いが出来ないからもうやめようかしら。でも人数が減ると会長さんに悪いし、と同じ事を20分あまり繰り返していました。
そこでお米のお礼にお世話になった方にも差し上げられるように、小鮎の甘露煮の小箱を数個送っておきました。
今はパソコンで頼めるから便利になったものですね。(*´∇`*)

本日の通話時間 35分
[PR]

by mosuke_f | 2006-06-28 17:00  

6月25日(日)

先日はゆっくり話ができなかったので、もう一度電話をしました。

山草展の二日目で昨日は一日出かけていたけど、今日は午後からにしようかなと言っていました。
山草展に出す作品作りが大変だ、大変だといいながらも、こうして遊びに行けるところがあるのは楽しみなのでしょう。

色々話が出た中で理解に苦しんだのが、上のお姉さんの話で、老人施設に入っているのですが、もう口からは食事が摂れなくなって、チューブをつけているのだそうです。
以前、会いに行ったら、「お食事にしますよ。」と連れて行ってくれた先には物干しに使う10本パッと開くようなものに、袋がぶら下げてありその周りに皆集まって、管に差し込んでく貰うのを見て、笑えてしまった。そこでは笑わなかったけど、後でおかしくて。と言います。(ーー;)

これは笑うようなこととは違うでしょう。
自分の姉が、そして自分も歳をとっていていつ同じ状態になるかもしれないというのに、ちょっと感覚がおかしくなっているのではないかと疑ってしまいました。
私が「本人は辛いでしょうね。」と言ったら、「認知症だから何も解らないのが救いだね。」と言いましたが、そうでしょうか。
軽い認知症の方のお世話をしたことがありますが、忘れてしまうだけでその時、その瞬間は喜びも悲しみも怒りも正常に感じていらっしゃいました。
認知症が重くなっても同じなのではないのかしら。
このことを話してみましたが、解ってくれたのかどうか。( ̄ヘ ̄;)ウーン

本日の通話時間 1時間7分
[PR]

by mosuke_f | 2006-06-25 11:25  

6月22日(木)

義母がお米を送ってくれましたが、朝から出かけていたので、夕方に受け取りました。
電話をして長くなると困るから、お夕飯が済んでからお礼の電話をしようと思っていたら、待ちきれなくなった義母から6時に電話が掛かりました。(/∇≦\)

肩で受話器をはさんで話をしながら夕食の支度。
受話器が動いてしまうけど、鰯を開いていたので、手が汚れていて直せません。
聞こえな~~~い。(='m') ウププ
「ちょっと待ってね。」
手を洗って、受話器を直し・・・
「食事の支度をしながら話しているので、受話器が動いてしまって聞こえなくなってしまったわ。」
「忙しい時にごめんね。もう切るわね。」

それから10分かかりました。(T▽T)アハハ!
[PR]

by mosuke_f | 2006-06-23 09:52  

6月17日(土)

息子のお嫁さんのEさんに迎えに行ってもらえるか聞こうと電話をするけど、なかなかタイミングが合わない。
丁度息子が来たので、実家にでも行っているのか聞いたら、アルバイトを始めたという。
どうりで、留守のはずです。これでは頼むわけにはいきません。

義母にそのことを話そうと電話をしたら、むこうから「Eさんに迎えに来てもらうのは悪いから、行きたかったら電車でいくわ。」と言ってくれたので、よかったよかった。
そして、「やっぱりお盆はこちらでしないとご先祖様に申し訳ないから、お盆過ぎにするわ。」と言う。
「早く電話をしようと思ったのだけど、寝ながら考えると色々考えが変わってねぇ」と。
無理もないと思います。

今日は人が来ているからと早く済みました。(*^m^*)
[PR]

by mosuke_f | 2006-06-17 11:18  

6月10日(土)

午前中に電話をしたら、今日も張りのない声。(>_<")
「一度こちらに来る?」と聞くと、来たいようだけど、「行く」とは言わない。
トイレに行きたくなったと言うので12分で電話を切る。

主人に話すと、「何日に迎えに行く、とはっきり言わなければ来ないぞ。それでも、何か言うようなら来るというまで放っておけばいい。」と言う。
確かにその通り。出来れば向こうに居てくれた方が助かるので、「来る?」とは聞くけど、「来て」とは言わない私がずるいのは自分でも解っている。

けど、主人は体力的にも気力的にももう車では迎えにはいけないと言うので、又私が電車で迎えに行くより仕方がないかと思っているときにはたと思いついた。
男の人はみんな忙しくて無理だけど、息子のお嫁さんが車が好きだと言って、先日も高速を使って家まで来てくれたから、あの子に頼めば迎えに行ってくれるのではないかということだ。

もう一度義母に電話をして、孫嫁さんが迎えに行ってくれたら来るかと聞いてみたら、「行く。」と言う。
お嫁さんの都合もあるけど、いつ頃がいいかと聞いたのだが、この返事を聞くまでが大変。
話があちこちに飛んで、午前中と同じ話までしてくれて、なかなか話が進まない。(ーー;)

又、「随分長いこと行ってないねぇ。この前はいつ行ったんだったかね。」と言うので、「去年の暮だよ。お正月には帰らないといけないと言って12月に帰ったでしょ。」
「あぁ、そうか。○○さん(義姉の夫)がお正月に行くところがなくなってしまったと言うから帰ったんだったね。」と言う。
お彼岸には必ず義父の妹がお参りに来てくれるから家にいなくてはと言うし、いつも人のことばかり考えている義母です。
もうそろそろ自分のことを考えてもいい頃だと思うのだけど、そこが良いところなんでしょう。
主人に言わせると、来たくないから理由をつけているんだと言うけど、そんな風に言ったら可哀想だと思う。
[PR]

by mosuke_f | 2006-06-10 20:49  

6月3日(土)

義母に電話をしたら、元気のない声。
先日美容院へ行ったらスパッとおかっぱのように切られてしまったのが気に入らなくて、気分が晴れないらしい。
せめて髪を染めようと、美容院をどこにしようかと探しているところだと一時美容院談義。

又、隣の幼稚園の桜の木が大きくなって、碍子に触っているので、火事になると怖いから切って欲しいと言っているのに、いまだに切ってくれないと、雷で隣の家が火事になった話など、何度も聞いた一連の火事話が続く。
その他にもいつもの如く、庭の手入れの話、老人施設に入っている姉の話などなど・・・

かなり一人暮らしが応えているように感じられるが、「楽をしたらボケるよ。」と言われて気力を振り絞っているようだ。
また、「私が面倒を見てあげるから行かないで。」と泣くという二人の姪も忙しい、忙しいと最近ではあまり電話もないらしい。

誰か一人、真剣に背中を押してあげたら決心がつくだろうと思うのに、みんな逃げ腰。
”好きで一人でいるのだから”で片付けてしまわれる義母が可哀想。
そろそろ誰か、一度これからのことを話しあいましょうと言い出してもいい頃だと思うのだが。
私に遠慮しているのかもしれないけど、私も好きで勝手に連れて行ったと言われるのは癪だし、別居の方が楽だし。``r(^^;)ポリポリ

本日の通話時間 1時間丁度。
[PR]

by mosuke_f | 2006-06-03 14:56